南京民間抗戦史料陳列館

6月 6, 2012 · Posted in 南京市の平和史跡史料館 

南京民間抗戦史料陳列館

「歴史を知っている人こそどのように明日直面するかが分かる。

抗日戦争は永遠に中国人精神の郷里。

不屈な精神に時代に銘記させられる。」

——–呉先斌氏作「南京民間抗戦史料陳列館」のスローガン

画像 002 2006年12月13日に「南京民間抗戦史料館」開館しました。これは民間人呉先斌氏が個人収蔵にて「南京民間抗戦史料陳列館」を創立したもの、南京でまたは中国では初めてとなる。

最初ただ2冊中国を侵略する日本軍の写真集を持っただけで、南京市の企業家の呉先斌氏は近い2、3年の努力を経って、ついに自分の収蔵を社会に、民衆に公開する彼の願望を実現した。

取材の中で、彼は明日から、陳列館が正式に無料開放を記者に表明しました。

昨日午前中に来館参観者は百人近く、省市級の指導者、南京大虐殺の研究学者、目撃証言者、戦時中の“保育会”の“難童”含め、皆はこれ真実さ且つ展示内容の豊富さに震撼され、来館した指導者と専門学者の多くは呉先斌氏の執着する精神に対して敬服を感じる。

出展品すべてはよく選出されたもの。

「南京民間史料陳列館」は南京市雨花台安徳門の大街48号に位置し、呉先斌氏の工場地区内に設置する。

面積は1000数平方メートルに達して、上下2階建のビルに展覧、蔵書、会議室の3部分の構成からなる。

このたび展示したのが618枚の資料写真と200数件の抗日戦争の時期の文物がある。

調べでは、今回の出展品は呉先斌氏が所有する抗日戦争の収蔵品全部の少ない一部であるが、彼は展示品すべてが厳密に選出し、多くの専門家の考証された上で展示したものと表した。“私はそれらがすべて真実な歴史を反映することを保証する。”

入門後“国歌”を見た。

展覧館の全体設計は呉さんが1年近く掛って構想を練るのだ。

1階は陳列館の主体部分で、構想は非常に独特だ。

展覧館の廊下にある壁も呉先斌氏が利用して、赤い字で彼自身が抗戦史料を集めた実な感想を書き添えている。

「歴史を知っている人こそどのように明日直面するかが分かる。」、「不屈な精神に時代に銘記させられる。」……などの内容となる。

展覧館の大門に入ると参観客はまず大理石作りの壁を見ることができた。

壁の上に誰か偉いさんの題詞ではないし、呉先斌氏個人の書道でもない、刻んでいるのは国歌《義勇軍行進曲》全曲の5線譜と歌詞である。金色の字は荘厳で人目を引いている。

“立ち上がって、奴隷をしたくない人々……これらの歌詞は私の感情の一番適切な表現だ。”呉先斌氏が言う。

屏風のそばは“八年抗戦の年表”だ;反対側に66人の老人の頭写真が掲げられている。彼らはすべて呉先斌氏がビデオカメラとカメラを構えて南京そして周辺に取材した南京大虐殺の生存者の方々だ。

呉先斌は66枚の写真を方形陣形に並べて“彼らを覚えよう、歴史を覚えよう。”と名をつけた。

展示内容――陥落・抗争

窓から展示台までの館内の装飾はすべて黒色で主として使われている。呉先斌氏はこれが黒と白がはっきりしているように歴史が歪曲を許さない。

展示は共に2大部分に分けて、9つのコーナーからなる。

第1部分は「南京の告発」である。1937年南京が空爆され、ついに陥落し、悲惨な虐殺が起こったのと国際援助を受けた全過程を展示した。

写真に四人の日本兵は機関銃を握って、椅子の上で座って、ゲームするように中国民衆を殺して、まるで人殺しは彼らのレジャーの方式になった;写真に三人の日本兵は凶悪に笑って、満足しそうに彼らの血がついた軍刀を拭いているのだ;写真に1つの切られた中国人の頭が針金網の上に置かれて、日本軍はまた悪ふざけをしてその頭の口の中にたばこ一本挿し込んだ……実物は日本軍の軍刀、機関銃そして慰安婦制度の中に日本軍の使うコンドームと南京の慰安婦の雷貴英が証拠物として提出した過マンガン酸カリなどがある。

だが、第2部分の内容は人を元気づけるのだ。「奴隷をしたくない人々」と名を付けられて、中国人民の抗争を述べた。

でも呉先斌氏はこのテーマとしたほか資料館のように、多くの将軍や元勲の写真と功績を展示するのではなく、抗日戦争のために貢献した多く普通民衆の写真を展示した。

たとえば民衆は積極的に前線のためにお金を捧げ;一人一人普通の兵士が戦争の中での真実な表情など。

この2大部分はそれぞれ壁の両面に展示されている。

呉先斌氏はこのような並べての対比展示方が更に今平和が実現できる難しさを表せると言います。

パンフレットをダウンーロード

戻る

Comments

Comments are closed.

vergeture grossesse traitement
Comment éliminer les vergetures
http://envibio.fr/