侵華日軍第731部隊罪証陳列館

6月 21, 2012 · Posted in ハルピンの平和史跡史料館 

IMGP0711 侵華日軍第731部隊罪証陳列館は731部隊本部ビル遺跡(東部分)に建てられた博物館です。

本部ビルは始め1938年に作られました。当時は731部隊が細菌戦の実戦の画策と指揮する大本営でした。

2001年に再修繕を経て基本陳列として対外開放しました。

IMGP0715展示面積は1500平方メートルに達します。十三の展示室と殉難者名簿が銘記される長い廊下と104000平方メートルの対外開放の旧跡区を含みます。

2010年初め、よりよく731旧跡の保護と世界遺産申請を推進するため、一部の展示を更新し、精確且つ充実なデータを充実させました。

同時に731国際資料図書インフォメーション展示センターもオープンさせました。来館者に全面的に731部隊の史実を知るための良い学習先となります。

IMGP0716

2011年1月に本部ビル西部分も修繕によって一般開放しました。「阳光下的罪恶-侵华日军化学战罪行展」(サンシャイン下の罪悪–中国侵略する日本軍の化学戦罪行展)を新たな展示をしています。

又、2012年6月から「中国养父母的博大情怀」(中国養父母の広い心)という残留孤児、残留婦人、養父母のテーマの新しい常設展は開催する予定です。

旧跡区にはほぼ完璧に保存できた「四方楼」(細菌実験室)、特設監獄現場遺跡、動力班(ボイラ-室)、南門衛兵所、二木班(結核菌の実験室)、吉村班(凍傷実験室)、ジリス飼育室、小動物地下飼育室、専用鉄道など31ヶ所があります。

731旧跡はその独特な歴史の題材により世界的警示する平和教育の基地になります。2006年に中国務院に公表される全国の重要文化保護財になります。 

公式リンクtop  

back-150x150 戻る

Comments

One Response to “侵華日軍第731部隊罪証陳列館”

  1. […] 侵華日軍第731部隊罪証陳列館(特別開館)、スターリン公園 […]

vergeture grossesse traitement
Comment éliminer les vergetures
http://envibio.fr/