尹奉吉義士生平(生涯)陳列館

6月 25, 2012 · Posted in 上海市の平和史跡史料館 

113109 尹奉吉は朝鮮の独立運動家。忠清南道礼山郡出身。郷里で教育事業に専念したのち,20歳で中国に渡り独立運動に献身しました。上海で愛国志士金九の薫陶を受け傾倒して、1932年4月29日上海虹口公園(現在魯迅公園)で日本の天長節祝賀会が開催された時,参席した日本の要人群に投弾,陸軍大将白川義則,中将植田謙吉,海軍中将野村吉三郎,駐中国公使重光葵らを死傷させました。同年12月19日石川県金沢日本陸軍基地内で処刑されました。

尹奉吉義士を記念するために1994年に上海魯迅公園内に韓国民族風建築「梅亭」を建てました。この「梅亭」内に「尹奉吉義士生平(生涯)陳列館」が設置されております。

1995年に「梅亭」周囲敷地0.67ヘクタールを占める「梅園」にして200本梅の木を植えました。また記念碑一つも境内にあります。

 

関連:上海大韓民国臨時政府旧址管理処(大韓民国臨時政府跡地)

戻る

Comments

One Response to “尹奉吉義士生平(生涯)陳列館”

  1. […] 上海尹奉吉義士生平(生涯)陳列館 […]

vergeture grossesse traitement
Comment éliminer les vergetures
http://envibio.fr/