理性的な中日関係に戻らせよう――私達の呼びかけ

最近、釣魚島による中日両国間の関係の危機で、特に中国の社会で大きな震動をもたらした事に憂慮を深く感じた。私達はちょうど日本の市民一同が連署した声明『「領土問題」の悪循環を止めよう!』を読んで、日本の(民間)人士からの誠意のこめた善意を明らかに感じた。この声明は以前日本の植民の歴史と釣魚島の争いの縁起を回避せずに、長年の両国間に発展してきた友好協力関係に立脚して、特に平和共存する未来に着眼し、危機を契機に転換する良い処理法だと思う。

このために、以下のように私達は呼びかける。

1、釣魚島領土の論争は歴史の残した問題である。しかし先人もすでに後代の人の(事実に基づいた)実務に励む構想を提供した。1972年に周恩来は「論争を放置する」という意図を示したのちに1978年鄧小平は明確にこの方針を受け継いだのである。釣魚島の問題が両国間の正常な交流の障害にならせないためである。本日に顧みってもこの方策は依然として賢明である。現状に於いては、いかなる一方的な解決案は武力衝突を、更に東アジアの平和の崩壊を招くだけなのである。いったん釣魚島の問題は再度出されたら、もっとこれより良い対話する協議する可能が存在しない限り、すべてはこの立場に復帰すべきである。

2、最近の日本政府が提出した釣魚島の帰属に関する一連の論証について、納得する証拠が大変足りないと思う。否定できないのは、戦後の日本は歴史の責任を担う面では、周辺の国々の人々の了承を得ることができなく、中国民間ではこれに多くの積怨があるので、まずはこれらの積怨に直面するうえそれを解消の道を探すべきである。一方では過去の戦争について十分に認識をして最大な誠意を示すのである。他方では決して新たな紛争を造って本来存在する不満を奮い立たせていけない。

3、中国ではこの30数年近く経済の発展速度がとても速くて、人民の生活は著しく向上した。これは平和発展の道を堅持するのと密接な関係がある。現在までの業績を大切にするためには、隣国と安定した調和のある友好関係を持つことに珍重しようとしているのだ。だから、目下のこの緊迫した情勢にはあらゆる可能なルートを通じて対話と相談できるように努力するのと、日本そしてほか周辺の国々と平和安定した関係を引き続き維持することを望むものである。

4、戦後の日本は政治、経済、文化の各方面での成果をもって世間の注目を集め続けた。私達は日本の社会と人民の変化を見えている。又、多くの日本人が過去の戦争のため謝罪したと平和再建する面での貴い努力を見えている。そして日本が中国の平和発展の為にも有力な援助をした。故に、歴史を正視し、歴史を記憶すると同時に現在の日本の現状に応じた新しい認知と判断をする必要がある。

5、私達はいかなる利益集団或いは政派が自身の目的と利益のために領土の紛争を挑発する、民意を弄って利用する、狭いナショナリズムの情緒を扇動するのを警戒し反対する。領土紛争の解決と和解を取得する面では、政府自身にはもっと大きな責任がある。そしていったん危機が発生したら、民衆を導いて理性的に問題を認識して行動を取るのも政府の責任である。

6、2012年の9月中旬に中国の一部の都市では釣魚島の紛争の激化による過激行為に非常に心が痛くてそれに厳しく譴責する。これらは極少数者の所業で、大多数の人々の釣魚島問題に対しての普遍的な見方を代表するものではない。とてもこれらの行為が国際社会の誤解を招き、それに誘発する経済面の後退とその他の方面の後退を望まないのである。

7、最近、中日の文化交流に支障をもたらせている。日本の書籍の出版と発行も一部の都市では影響が及ぼされている。これはきわめて賢明ではない、残念なことである。中日間の文化交流は歴史が長くて、非常に説得力のある成果を実らせている。領土或いは政治方面の紛争が際限なく他の領域に拡大すべきではない。善隣関係するには、人民の間の関係は主要な役割を果たせている。これは本当に深遠な意義がある。現在の情況では、できるだけ早く双方が民間の経済、文化、生活など各方面での正常な協力交際を回復させるべきである。できるだけ今の紛争がもたらした損失を補うべきである。できるだけ短い目での臨時措置をすべて取り消すべきである。

8、誰も自分の国に生活し、子供を育てて、社会事務と国家事務に参与し、国家の主権を所有し、そして国家の主権にその分の発言する諸権利を所有する。その故に、私達は政府が主権の事務を処理する時に民衆の意見を無視するのではなく、耳を傾ける必要があると思う。

9、台湾、香港、マカオを含む中国全土と日本の教科書には中日両国の全面的で真実な近現代の歴史を書き入れるべきである。中国の教科書にも違う民族と付き合う融合する教育内容を増加すべきである。次の世代が思考判断することに有利だし、自分と違う国家や人民を理解する開放的な心を育成するにも役立つものである。中日の民衆の間の相互尊重を発展させ、若い人をパートナー関係と友情の中で正常に成長させるはずである。

10、領土、国家の主権など国際的事務関連する事については両国の政府の責任だけではなく、もっと多い民間交流のルートを発展させて、相互理解を増進し、お互いに理解して、子孫万代のために平和な未来を創造するべきだと私達は思っている。

共识网—在大变革时代寻找共识.htm_20121012114437より

戻る

Comments

One Response to “理性的な中日関係に戻らせよう――私達の呼びかけ”

  1. […] 日文翻译 « […]

vergeture grossesse traitement
Comment éliminer les vergetures
http://envibio.fr/