「慰安所歴史陳列館」・2014年に一般開放予定

11月 23, 2012 · Posted in 南京市の平和史跡史料館, 速報 

アジア最大の慰安婦遺跡に南京が「慰安所歴史陳列館」を建設する予定

『現代日報』の記者の報道ではこれまでに懸案の南京市内利済巷にある慰安所遺跡を修復し、「慰安所歴史陳列館」として建設する予定と2014年に一般開放すると南京市・白下区が発表しました。

南京利済巷2号の慰安所遺跡は1937年に南京占領後、日本軍が現地に設立した40か所余りの慰安所の一箇所です。2003年11月20日に当時ここに騙されてきて3年間も慰安婦を強いられた朝鮮老人の樸永心が中日両国学者の伴でこの地を再訪問し、現場を確認しました。時からここはアジアの慰安所の代表的な遺跡となり、学術研究において極めて重要な価値があります。

「利済巷慰安所が目下保存できた最大の慰安所遺跡である。慰安所として使われた楼の面積が4800㎡にも達し、周囲の店舗を含めば8000㎡にもなる」と日本学者西野瑠美子が言いました。

「ここ利済巷一帯に全部で3ヶ所慰安所があった。多い時に慰安婦の人数が200人を超えていた。その一箇所(現在の科巷菜場)が主に中国人慰安婦を拘禁した。利済巷2号には主に朝鮮の女性。利済巷18号は主に日本の女性。紹介によりますと利済巷2号はもともと中華民国の時代の楊善慶将軍の住宅で、南京は占領された後に千田という日本人がここを慰安所にして名前が「東雲慰安所」と呼んでいた。この建物の一階には14間の部屋、2階には16間の部屋がある」と始めて全面的に南京の慰安所問題を研究した南京師範大学の教授経盛鴻の著作『南京倫陥(陥落)八年史』に書いています。

南京利済巷2号の慰安所遺跡のほか、南京には「安楽酒店慰安所」(現在江蘇飯店」、「松下富貴楼慰安所」(現在の常府街)、「傅厚街慰安所」(現在の傅厚街)、「青南楼慰安所」(又は菊水楼慰安所」(現在文昌巷19号白菜園大院)などの遺跡が現存です。

rdn_4ef16e2dc1d12(2) rdn_4ef16e1f6b11b rdn_4ef16e1aca94c IMGP1836

 利済巷 関連:中国慰安婦記念館

 

戻る

Comments

3 Responses to “「慰安所歴史陳列館」・2014年に一般開放予定”

  1. […] 関連:アジア最大の慰安婦遺跡に南京が「慰安所歴史陳列館」を建設する予定 […]

  2. […] 南京市 アジア最大の慰安婦遺跡に南京が「慰安所歴史陳列館」を建設する予定 […]

  3. […] も無残なありさまであった。これを負の遺産として残すことは困難な状況らしい。しかし、十一月下旬、白下区は、利済巷の慰安所遺址を記念館として残すことを決定したということだ。 […]

vergeture grossesse traitement
Comment éliminer les vergetures
http://envibio.fr/