重慶大轰炸惨案遗址纪念馆(「重慶大空爆」遺跡記念館)

5月 4, 2012 · Posted in 重慶市の平和史跡史料館 

記念館は重慶市中区校場口に位置。当時トンネルの入り口で、面積は約20㎡、四方型、側面に碑文が刻まれている。

4壁の上端に1周の浮き彫りで、惨死する各種の人物の造型がある。

入口入るとトンネル内は10数平方メートル近くの記念ホールがあって、死者の写真が陳列している。

常時開放ではありませんので、記念館管理側に事前連絡必要

ほか「重慶三峡博物館」にはこの史実のための記念展示ホール「抗戦庁歳月」があり、関連の資料写真、「重慶大空爆」に基づいた図画、群像がある。

重慶大空爆惨案:1938年2月18日から1943年8月23日までに日本の陸海軍の航空部隊は天皇と最高本部の命令により、共同で重慶に対して“航空進攻作戦”を展開した。5年間半、日本軍は重慶を空爆した数は計218回に達し、飛行機9513機(回)を出動、21593爆弾を投下、市民11889人(「大隧道惨案」での死亡人数が計算に入らない)が死亡、14100人が負傷した。部屋17608棟が破壊された。史上「重慶大空爆」と称される。

大隧道惨案」:1939年1月、中国侵略日本軍航空兵団司令官江橋英次郎中将は第1飛行団が重慶を爆撃、第3飛行団が近距離策応する命令を下した。12月までに重慶などの都市は連続して日本の陸海軍航空部隊の空襲に遭い、特に5月、6月、日機が集中に重慶を猛烈に爆撃した。1941年6月5日夜、日本飛行機5時間続く空襲で、世界を驚かせる大きいトンネルでの窒息する悲惨な事件が発生した。窒息する死亡人数は6000人余りに達した。「大隧道惨案」と呼ばれる.「重慶大空爆」は世界戦争史上初めて目的があって計画的に段取りよく実施した国家的な戦争性質の戦略的な空爆である。初めて空軍に頼った戦略と政略的な爆撃。初めて前線と後方、交戦人員と平和な住民の境界線を取り消した"無差別空爆"。「重慶大空爆」時間の長さ、損害をもたらす激しさ、災いの深さは世には稀に見る。「重慶大空爆」は三千年歴史上で重慶の最も悲壮で、悲惨で、意義深い重大な事件だ。中国を侵略する日本軍の重要な罪行の一つである。

関連組織・

重慶炸民间对日索案的原告(即大炸幸存者)和律师团/「重慶大空爆民間対日賠償案原告団(生存者)及び弁護士団

「重慶大空爆民間対日賠償案」:前日本全国弁護士協会会長の土屋公献がはじめとする弁護士団及び新社会党委員長の栗原君子はじめとする民主人士達の強力な支持する上、中国側「重庆大轰炸研究中心」(重慶大空爆研究センタ)の専門家と弁護士同行で、「重慶大空爆」被害者40名2006年3月30日に東京地方裁判所で提訴に許可を得て、正式に日本の軍国主義が中国を侵略する犯罪を起訴し、対日賠償を求めた。

第2次審判は2007年1月に東京で開廷する。中日弁護士団が更に100人被害者東京地方裁判所での提訴することを考慮している。

日本各界の多くの人士は当事件に対する関心が次第に高まり、これまでに誘いに応じ、2004年、2005年、2006年3度チームを派遣して日本「8・6広島平和大行動」に参加した。
戻る

Comments

Comments are closed.

vergeture grossesse traitement
Comment éliminer les vergetures
http://envibio.fr/